ビクトリー

ビクトリーのブログは日記の延長。私にとっては忘れてはいけない覚書のようなものです。

日記

旧正月の前の日、「こころ」たんが事故で逝ってしまいました

k-k-006

 

昨日は旧正月でした。

その前の日の、旧の大晦日、
2月18日、
「こころ」たんが、家族の不注意で事故に会い、
逝ってしまいました。

 

こころたんは、平成15年5月28日、
古津賀の小動物愛護センターから、うちに来ました。

 

k-06

 

以前の会社のホームページに、
こころのページをつくりました。

 

k-02

 

新しい店舗になり、こころたんが近くに住めるようになりました。
毎日、ビクトリーの仕事を、
入り口から見守っていました。

 

k-03

 

私たちが仕事を終えて、家に帰るのを、
ずっと玄関から見送ってくれました。
私たちを見送るまで、部屋には入りませんでした。

 

k-05

 

こころたんが来たのは、
うちの子が、小学校1年生の時でした。
すぐに仲良くなりました。

うちの子のことが大好きで、
遊びにくるのがほんとうに、たまらないくらいうれしかったようです。

 

k-04

 

中学校になり、高校生になっても、
いつも遊びにくるのを楽しみにしていました。

 

k-08

 

母が病気になったときは、ずっと横に座り離れませんでした。
こころたんはわがままだったので、よく文句を言われましたが、
それでも、母のことも大好きでした。

 

k-09

 

大学の合格証書見せたら、舐めましたね。

県内じゃなく、県外の遠くの大学が決まったのは、
こころたんにもなにかうっすら、わかっているようでした。

 

k-07

 

今年の節分の時の写真です。
毎年節分は会社の四隅におまつりをするのをついてくるのに、
今年は初めてわがままを言い、ついてきませんでした。
わざと道路を渡って、前の会社のとこまでおさんぽに行って、
私にたくさん怒られました。
いつもついてくるのに、と不思議には感じていました。

 

毎日、会社に遊びに寄って、おさんぽに行っていました。
おひなさまを飾ったときも、こいのぼりと大凧を飾ったときも、
クリスマスも、
ビクトリーの毎日のなかにいつも、こころたんがいました。

 

今年は、ビクトリーでお雛様を飾っていません。
お雛様の時期に、飾ろうという気持ちがなぜかわかなくて、
子供の受験、進学で自分の気持ちがいっぱいいっぱいだからかな、と
思っていましたが、
何か寂しいことが起こる前触れだったのか。

 

 

私たちが、連絡を受けて会社に朝きたときには、もう遅かったですが、
「ごめんね、ごめんね」といっぱい泣きました。
防げるなにかがあったかもしれない、
いっぱいいっぱい、後悔しました。

 

平成15年から、もうちょっとで12歳。
小動物管理センターでもらってきたのに、
こんなことになってしまって。
ほんとうに悲しい。

 

もっともっと、ぎゅーっと抱きしめてあげたらよかった。
前の晩帰るときに、いっぱいいっぱい撫でてあげたらよかった。

 

今までも、たくさん、危ない場面にあったけど、
そのつど「危ないけん!いうこと聞かないかん!」て怒ったけど、

この時期にこんなことになってしまって。
うちの子が県外に行ってしまうのを守りたいかのようで、
涙が止まりません。

いままでかわいがってくださったかたがた、
ほんとうにありがとうございます。

 

 
中学の学生服も、高校のブレザーも、うれしそうに見ていた。

大学のスーツ姿も、見せてあげたかった、、、
 
 
最初の写真にもありますが、こころたんは毎年、
一條さんのお守りを母に買ってもらっていました。

毎年、お守りを首輪につけていました。

ゲン担ぎや願掛けにつきまして、
この前、大きな事故がありましたが、そのかたも、
毎日願掛けに行ってたかたでした。

知人はこの前、お守りが入ってるお財布を、どこかへ落としたのか、
無くしてしまい出てこないと言っていました。

「お守りが入っちょった落ちたがやろか~」と、残念そうでした。

なんだろうな、、、と今、複雑な心境です。
 

kei・victory

カーショップビクトリーの管理人をしています
過去記事は旧ビクトリーのブログへ
プロフィールはこちら

今日も読んでくれてありがとう。

あなたが探してるものが、このブログで見つかればなによりです。

またね(^o^)ノ

-日記